福寿園グループ

法人理念

理念の構成図

経営理念

我が法人は、高齢者に対し、真の福祉を実践すべく愛の灯を高くかかげて、「大家族の理想郷を築く」ことを目的として設立されたもので、利用者であると職員であるとを問わず、人間として一つの大生命に生かされている生命の兄弟姉妹であることを自覚し、相互の人間性を尊重し、血の通った温かいサービスのもとに、利用者一人ひとりを幸福にし、自己もそれによって幸福にならんとする「愛と感謝と奉仕」の心に徹し、喜びと誇りをもって福祉事業の持つ社会的責任を果たし、各々の職域を通して人格完成を目指し、精神面の人造りを図らんとするものである。

経営ビジョン

私たちは、高齢者福祉の担い手としてつねに「ひとつ上」の目標を掲げ、より質の高いサービスをお届けするとともに、ご利用者や地域の方々と力を合わせて、お年寄りがキラキラと輝くことのできる新しい文化を創造し、育んでいきます。

Vision

  • 1.ひとつ上の“信頼性”

    お年寄りやご家族、地域の皆さまから愛され、頼りにされるパートナーになることをめざします。

  • 2.ひとつ広い“公益性”

    だれもが安心して暮らせるように、介護や自立を幅広くきめ細やかにサポー卜していきます。

  • 3.ひとつ進んだ“先駆性”

    高齢者福祉の地域拠点として、つねに一歩先を見つめたサービスをお届けしていきます。

  • 4.ひとつ豊かな“創造性”

    生きがいと潤いのある豊かな暮らしを提案し、お年寄りが笑顔で過ごせる新しい生活スタイルを築いていきます。

  • 5.ひとつ深い“人間性”

    お年寄りとのふれあいを通して私たち自らが学び、成長し、あたたかい心の輪をひろげていきます。

経営方針

私たちは、「愛と感謝と奉仕」の心に徹し、つねに「ひとつ上」をめざしたビジョンを掲げ、地域のお年寄りやご家族、そして時代のニーズにきめ細かくお応えしていくため「2M」+「5C」の実践に努めます。

2M

2つのMを大切にし社会福祉法人として責任を果たします。

Management


【マネジメント】

経営


〈健全経営を旨として、事業の安定化をはかります〉

Mission


【ミッション】

使命


〈社会福祉の実践に寄与します〉

5C

お年寄りに対する5つのCを通して地域社会と福祉文化の発展に貢献します。

Care


【ケア】

優しく、あたたかく、親切な介護

Cure


【キュア】

安全、安心な看護

Communication


【コミュニケーション】

心あたたまるふれあい

Comfort


【コンフォート】

快適な生活

Culture


【カルチャー】

福祉文化の創造

中長期経営計画

経営計画図

シンボルマーク

「愛と感謝と奉仕」の理念を3つの和(輪)にたとえ、重ね合わせることにより、朝日の昇る勢いと太陽のように温かい心のこもったサービスを届けるイメージを表現しました。また、3つの和(輪)と中央の上昇気流を表現した曲線で、「福寿園」と「福祉」の頭文字である“ふ”をあらわしています。

シンボルマーク

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話によるお問い合わせ

0531-27-0008社会福祉法人福寿園 法人本部