福寿園グループ

代表メッセージ

「愛と感謝と奉仕」 の心で
理事長
山田 浩三
理事長 山田 浩三 写真

昭和55年5月に創立した「福寿園」の歴史は、決して平坦な道のりではなく、苦難の続く歩みでした。この容易ではなかった道のりを支えてきたのは、常に“愛と感謝と奉仕”の精神でした。私たちスタッフは、この創始者の志を引き継ぎ、相手の立場に立った深い思いやりの心でサービスを続けてまいりました。そんな努力と多くの方々のご支援により、今日では県内に19施設を経営する大規模法人に成長させていただきました。

さて、時代が法人の自主経営を求めるようになる中で、創設以来の「経営理念」に加えて、ひとつ上の目標を掲げた「経営ビジョン」と「経営方針」として2つのM、すなわちマネジメント(経営)とミッション(社会的使命)を制定いたしました。さらに法人のガバナンスの強化と、夢ある未来の福寿園を目指した10年間に及ぶ「中長期経営計画」を策定し、社会福祉法人としての役割を果たしていきたいと考えます。

福祉施設の運営は、ひとの心であることは言うまでもありません。今後も“愛と感謝と奉仕”の「経営理念」のもとに、優しく、温かく、親切な、血の通ったサービスをモットーに、福寿園のみならず、福寿園を取り巻くすべての人たちに幸せを感じていただけるよう、地域の皆様と力をあわせて、福祉事業の推進に努めてまいります。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話によるお問い合わせ

0531-27-0008社会福祉法人福寿園 法人本部