• HOME >
  • 福寿園関連書籍「介護現場で生まれたマジックワード100」

これから一緒に、
できることから考えていきましょう。

ケアマネジャーとして初めてあるご家庭を訪問した日。家事や農作業に加え、認知症の姑のお世話に疲れ果てたお嫁さんの話は、1時間近く続きました。

「自分の時間なんてない。夫は何もしないどころか、話も聞いてくれない。子どもたちの受験も控え、これからどうすればいいのか...」。溜まりに溜まった日頃の不満や、襲いかかる目に見えない不安から逃れようとする、悲痛な叫びでした。

胸の内をさらけ出してくれたお嫁さんに対し、私が「これから一緒に、できることから考えていきましょう」と話しかけると、お嫁さんは、じっとしばらく黙り込んだ後、大粒の涙をこぼしました。

「あなたのそばで、いつも一緒になって考えていきます。一人じゃないんだよ。いつも心配しています」。そんな気持ちが伝わって、お嫁さんの気持ちが楽になり、ご家族の気持ちが一つになっていくことを願っています。

(ケアプランセンター・介護支援専門員)

何言っとるの。
早苗さんのためなら。

特別養護老人ホームで暮らす早苗さんは、糖尿病の合併症で入院して片足を切断され、食事もあまり取れない状態で戻ってきました。週に一度、デイサービスに通ってくるご主人に会うことを、何よりの楽しみにしています。

身体を起こしていることが体力的にきついようで、食堂で車椅子に乗ったまま食事をした後、すぐに「ベッドに寝かせておくれ」と切ない声で懇願されます。

いつものようにベッドに寝かせて、テレビをつけて、カーテンを引くと、「悪いわね。ごめんよ。ありがとうね」と申し訳なさそうに話します。

そんなとき、「何言っとるの。早苗さんのためなら」と明るく返します。人の手を煩わせているという早苗さんの気持ちを、少しでも和らげ、ここにいることが幸せだと感じてもらいたいです。

(特別養護老人ホーム・介護職員)

介護現場で生まれたマジックワード100

好評発売中

社会福祉法人 福寿園 編著
定価/1,080円(税込)
サイズ/B6 ページ数/130P

  • 購入フォームからの購入はこちら
  • Amazonでの購入はこちら